初めて借りようと思ったのは、22歳のときでした。
その時はフリーターで、月十万円程度の収入で生活をしていました。
それまで、お金に困ってはいなかったのですが、そんな時に新しい彼女ができたんです。
恥ずかしいながら、それまで女性経験がほとんどなく、とにかく自分のかっこ悪いところをみせて嫌われたくない思いで接していました。
食事にいったら、男性が出さなきゃとか、車はださなきゃ、とにかくお金は男性が極力ださなきゃと思っていたので・・。
しかしそんなふうにしていたらお金はもちろん底をつきます。
お金が足りないので、まず最初は、親にごめん今月厳しいかとか、何かと理由をつけてお金を送ってもらっていたのですが、そんなことを続けていたら罪悪感でいっぱいになっていったんです。

それで自分でどうにかしなきゃと思っていて、バイトを増やそうかなとも考えました。
そんな時にキャッシングというものがあると知り、話を聞きにいったところ、こんなに簡単に借りれるんだということになり、すぐに契約して借りてしまいました。
目先のことだけしか頭になく、しかも楽に借りれるということで、簡単に借りてしまったのです。

キャッシングでお金を借りると、借りたときは、すぐに返せるしと簡単な気持ちで借りていたなと思います。
しかし、簡単に借りれるとそれに依存してしまうかんじになり、ちょっとお金が欲しいなと思ったらまた借りて、を繰り返し、徐々に徐々に金額が増えていき、いつしかすぐに返せるような金額じゃなくなりました。
すこし考えれば分かることなのに、お金が足りなくなると、目先のことばかり考えてその後の事を考える余裕がなくなると今になって思います。
収入は変わらないのに借金は増えていくという事になるので、もっと大変になってしまうので、借りたくはないですね。

これからキャッシングでお金を借りようとしているみなさん、まずなぜ借りるのかの理由をもう一度よーく考えてみてください。
本当に必要なことなのか、軽く考えては絶対にいけません。
それでもどうしても今お金が必要で、借りると考えている人は、すぐに返せるとは思わないで下さい。
今お金に困っている時の、何倍もの苦痛が自分にのしかかってきます。
それを覚悟したうえでもう一度考えてみてください。
そういうふうに考えれば、お金を借りなくてもなんとかしようとするほうがよっぽど効果的だと思いませんか?