最初のキャッシングは日曜日の夜でした。
使っている銀行のATMが閉まってしまい、夜にどうしても外せない用事があったので、やむなくキャッシングしてみました。
カード払いの出来ないお店での集会があったので、大変助かりました。
銀行のATMが閉まってしまっている時間帯には、本当に重宝します。
危うく歩いて帰らねばならなくなった時も、キャッシングによって助けてもらいました。
しかも、結構簡単にお借り入れするコトが出来るので、それ以来は度々利用しています。
あんまり借り過ぎると返済時になくコトになりますが、それを気を付けて上手く活用できれば、とても便利なシステムです。
特に曜日や時間帯に関係なく利用出来るところは助かります。

私の場合は以前の仕事で、経費をいくらか持ち出しすることが多く、その経費を申請し自分の手元に戻ってくるのに数週間かかることがあった為生活費や交際費等が足りなくなりキャッシングしました。
またその仕事で使う経費自体を支払うお金がなくなり、仕方なく利用しました。
またそれまで大した貯金もなく、定期で積み立てはしていましたが、当時は両親が通帳管理していたので自分で積み立てを解約する事も出来ませんでした。
今すぐお金が必要、でも申請した経費が戻ってこればすぐに返せるだろう、そう思い最寄のATM機で初めて申し込みました。
私の場合は消費者金融でキャッシングしたのは一社のみで20代の時でした。
しっかり返せるかが心配でしたが、それよりすぐにお金が必要といった状況でした。

自分が高校を卒業して公務員となり、仕事をしていくなかで、気の合う同僚ができました。
お互い、それぞれに妻をもらい、子供ができ、家族ぐるみの付き合いをしていました。
元々、この同僚の奥さんが飲食店を経営していました。
その店自体は結構流行っていたのですが、その奥さんの親戚が正直あまり良い親戚とは言えず、かなりの借金をしていました。

PAGE TOP