初めて借りようと思ったのは、22歳のときでした。
その時はフリーターで、月十万円程度の収入で生活をしていました。
それまで、お金に困ってはいなかったのですが、そんな時に新しい彼女ができたんです。
恥ずかしいながら、それまで女性経験がほとんどなく、とにかく自分のかっこ悪いところをみせて嫌われたくない思いで接していました。
食事にいったら、男性が出さなきゃとか、車はださなきゃ、とにかくお金は男性が極力ださなきゃと思っていたので・・。
しかしそんなふうにしていたらお金はもちろん底をつきます。
お金が足りないので、まず最初は、親にごめん今月厳しいかとか、何かと理由をつけてお金を送ってもらっていたのですが、そんなことを続けていたら罪悪感でいっぱいになっていったんです。